セレブファッション=海外有名女優の多様な着こなし

ファッション雑誌なんかを見ていると、“セレブファッション”と称して、海外の有名女優の服装を細かく紹介する特集記事をよく目にします。

海外ファッション大好きな私は、「ふ~ん、これがセレブファッションというものなのね」と興味深く見るわけですが、その着こなしにはその女優やアーティストの個性が色濃く反映されているのが分かります。

全身ハイブランドで統一している人がいれば、Tシャツにジーンズといったラフなスタイルの人もいます。
彼女達の多様な着こなしは、便宜上“セレブファッション”という言葉で括られてはいるものの、到底一言で表現しえるものではないのです。

カジュアルテイストのセレブファション

私の好みのセレブファッションといえば、キャメロン・ディアスやブリトニー・スピアーズの様なカジュアルテイストのファッションです。
例えば、白いTシャツの上にさらりとジャケットを羽織っていたり、フェミニンな雰囲気のシャツに合わせてユーズド感漂うジーンズを何気なくはきこなしていたり・・・。

肩肘張らないスタイルの中にも、なぜか個々人のこだわりのようなものが垣間見られるセレブファッションに、何とも言えない格好良さを感じてしまいます。

もちろん、サンドラ・ブロック風のフェミニンでラグジュアリーな着こなしも憧れではありますが、今の自分自身の容貌ではちょっと不釣合いな感が否めないので、残念ながら真似は出来ません。

しかしながら、カジュアルテイストのセレブファッションであれば、普段のスタイルに無理なく取り入れてみることも出来ますよね。実際に、ファッション雑誌の特集なんかでは、そういった内容のものもよく目にします。すごく参考になりますし、興味深く見入ってしまいます。

海外セレブと全く同じブランドでアイテムを買い揃えるのは無理ですが、手持ちの服で似たようなスタイルが出来ないかをいつも考えながら見ています。

海外のセレブファッション

それにしても、海外のセレブファッションを見ていて目に付くのは、やはり自分とはかけ離れた抜群のスタイルの良さではないでしょうか。

スラリと伸びた長い手足に、メリハリある体つき、引き締まった輪郭・・・。洋服やアクセサリーに着られているのではなく、身につけるアイテムで見事に自分の魅力を引き立てていることが分かります。

ファッションをそのまま真似るのは難しいですが、せめて自分なりのおしゃれを確立しようと決意させてくれるもの、それこそがまさに海外のセレブファッションなのではないでしょうか?